製品紹介 >  特殊コンクリート・シート >  斜面補強の施工例


特殊成型コンクリート・シート 斜面補強の施工例

車両や機材が通過できない急斜面を簡単に舗装、補強


土壌が露出した斜面は土壌浸食や雨による表面流出、ひいては土砂崩れが起こりやすく、通常、こうした斜面はビニール・シートを敷いたり、薄いコンクリートの膜を敷設することで被害を防ぎます。

しかし、斜面へのコンクリート敷設は難しいため、壊れやすいという難点がありますが、コンクリート・シートは短期間で設置でき、長期間にわたって斜面をあらゆる天候から守り、土壌浸食や雨による表面流出を防ぎます。ビニール・シートのように強風で飛ばされる心配もありません

 また、厚さ8mm13mmのタイプであれば、重機や車両が通過することも可能です。これまで困難を極めた斜面での輸送を短期間で、効率的に行うことができます。

シートは釘で固定でき、一端設置すれば強力で防水の防護壁が斜面に出来上がります。


       施工例の紹介
         斜面の補強例:   事例① │  事例②  │  事例③ │  事例④  │

 Copyright 2009 by NIPPON TOKUSO Co., Ltd